I was stage gazer

星を追う

TRUMPシリーズ雑感あれこれ

グランギニョル前にざっくり書いておきたいTRUMPシリーズの雑感ツイッターで喋りまくってる割にちゃんと文章に残した方がなかった…ので全体的にざっくりと。ネタバレするので未見の方は避けてください。

 

初演

初演TRUMPのDVDも借りて見た事があるんだけどいかんせんざっくり見すぎて特にどうこうというあれが…個人的には赤星アレンにピアスじゃらじゃらついてるのが好きでときめくクラウスの時は何だこの先生!ってなる。あのチャラさというかあんなにピアス開けてる人って逆に自傷癖あるように見えるけどとにかくピアスじゃらじゃらはときめく。

田渕ソフィ/菊池ウルが好きなんだけどなんでだろう個人的なソフィ/ウルのイメージ的にこの組み合わせがしっくりくる。

アンジェリコ様は変態ダァァァァってなりました変態だ。

眼鏡を忘れて混乱する山浦クラウス(アレン?)とかハプニング込みで繭期の調子が大分よろしくない。全体的に小劇場っぽさがあるけどこれが原初のTRUMPと思うと色々感慨深いものがある。初演のソフィ/ウルの菊池さんがグランギニョルで情報屋黒猫として出演されるなんてウルの出生にまつわる話にウル(役だった)の人出すのダメでしょ…。

再演・female版はご縁がなく見た事がないので噂に聞いては気になる存在…気になる。

 

D2版

最初に見たTRUMPシリーズとしてはD2版が初。ツイッターで気になる舞台の話を見かける、今度再演がある?(正しくは4演)真宙くんが出る?(鎧武見てた)前にやったやつあるなら見てみよって最初は軽い気持ちで…前半は終始ふざけてる感じにちょいちょい不穏な空気を匂わせてるだけなのにこんな結末になるなんて聞いてなかった。最初はクラウスはとにかく自分勝手で同情の余地もないと思っていたけどクラウス救われなさすぎでしょ…救いはないのかに変わる。陳内さんがNU版でクラウス/アレン続投と聞いてこのクラウス/アレンを生で見れるのかー!ってわくわくした。最初に見たのがREVERSEだったから未だに三津谷ソフィ/西井ウル、陳内アレン/山田クラウスが原初のイメージ。でも志尊ジェリコ/阿久津ラファエロがなんとなくしっくりくるし、山口ミケランジェロ/近江グスタフが好きだし池岡バンリ/土屋ピエトロが好き。リアル繭期の虚と実が入り混じる感じが最高…!不安定な時期の若者達に不安定な若者の役をさせる…(酷い)三津谷さんの実年齢を知ってびっくりした…西井さんとそんなに変わらない様に見えて違和感がない…いやD2の人たち若い。リアル繭期ぃぃ…。グランギニョルにはD2から大久保さんが!繭期続投組に期待。白繭期ですね〜。

 

NU版

2015年に上演された最新(?)のTRUMP、とりあえず1回見られればいいか〜ってMarbleを取っていてREVERSEの配役とTRUTHの配役見られるからお得じゃない?と思って(実は他のイベントに行こうと予定していたけどこれは生で見るべき!イベントより舞台見たい!ってなって選ばれたのはTRUMPでした)TRUTHもREVERSEも見たし何なら当日引換券だったからC列とかで見たREVERSE(お得感)TRUTHが正史ならTRUTH見ねばという感覚でいたけどTRUTHが正史かREVERSEが正史かは見た人によりけりかな…REVERSEは繰り返された世界だと思っているけど(だからTRUTHで閉じなきゃいけない)大楽見に行かなかった事を未だに後悔しており…Wアンジェリコフィーバー…D2版からの流れを引き継いで陳内さんというかクラウス/アレンを見に行ったつもりがアンジェリコ様に掻っ攫われる。何あの人ー!D2版のイメージとは全く違って"アンジェリコ"(天使)の名前を持つ意味が分かるというか。天使の歌声と言うことか…?まあラファエロも大天使の名前ですよね。田村アンジェリコ/山本ラファエロの組み合わせが好きで…ラファエロにあんなにこだわる理由がやっと分かった。決裂とはなんぞやと。新しい解釈と追加要素によって突き落とされた感がある。デリコ兄弟は早乙女ウル/山本ラファエロが好きです。でも真宙くんの育ちの良さそうなウルも好き…貴族感。あと闇が深いのは高杉ウルという話は何度もしているので割愛。よりラファエロとして痛々しく見えるのは山本ラファエロで田村ラファエロは絶対ダリちゃんに立ち向かえる気がするし、反抗心もかなりありそうな。MARBLE版での山本ラファエロ・高杉ウルは特撮兄弟と呼ばれていたけどパワーバランス的に弟への力加減が分からない山本ラファエロが最高だった…お兄ちゃんかなり手加減しておる…早乙女ウルの扱いと全然違うな?早乙女ウルだと容赦がない。早乙女くんの殺陣がプロ過ぎて感動したREVERSE…プロ過ぎない?何なのこの人プロだ…!と思った。多分そんなに殺陣ばかり見るのは得意じゃないんだけど早乙女くんの殺陣はまた生で見たい。\繭期へようこそ/って気持ちになったのはNU版からかな…兎に角延々とTRUMPの話をし続けて今に至る。この1年半くらいでめちゃくちゃ知り合いが増えました(どこにでもいると思え繭期)NU版からは日南田さんが繭期続投組という事で各バージョンから連れてくるの凄いな〜!

 

LILIUM

NU版見た後に見たのか定かじゃないけど可愛い女の子がたくさんだ…!どうTRUMPと繋がるのか分からなくて女の子だけのサナトリウムがTRUMPと同じ時系列に存在したのか〜と思っていたらソフィ・アンダーソンの名前で撃沈した。お前かー!TRUMPでのソフィがあんな子になってしまうなんて歪んでる…悲劇は繰り返される…永遠の孤独に耐えられる者なんていないんだ…。スノウと踊るファルスにクラウス味を感じてしまうのも…不死者と踊るって言う事に何か意味はあるのでしょうか…。あんまりにもこの先を見るのに耐えられないと思うと人は一時停止してとりあえず覚悟を決めてから見る。見るのに覚悟が必要でしたね…はい。最初からクライマックス感がある。シルベチカの真相は辛いけどLILIUMの中で1番幸せな死に方をしたのはシルベチカ…でこぱちシルベチカ大変可愛い。マリーゴールドのめいめいさんにこの子アイドルなの?という迫力を感じたしハロプロの子達のポテンシャルの高さを凄く感じた。LILIUMの推しキャラはスノウなんだけど自分を殺させるという自分勝手な感じも好き〜ずっとリリーと一緒にいてあげて欲しかったのにな…まさかだった死ぬのが怖かったスノウの方じゃ?死ぬのが怖い方が死んでしまうのがTRUMPシリーズですか。LILIUMからはめいめいさんが繭期続投組〜これはあれですかマリーゴールドちゃんと何か繋がりがあると思っていいのですか…

 

Specter

バンリが出てくると聞いて萬里にこんな過去があったんだな〜まあバンリ=萬里分かる…全体的に暗め…?空気感が不穏過ぎる。庭師の物語はここから始まる…。亡霊組の繭期の調子がよろしくない感じはTRUMPシリーズ随一!白繭期なのもLILIUMからの流れを感じる(時系列的にはSpecterが1番昔の話だけど)TRUMP教団怖いな!と言うのとクラなんとかでまさか山浦クラウスカムバックと思わずに…劇場で見た人の衝撃を想像するに耐えない(ずっと隠してたなんて酷い人だ)ソフィなんて名前の子は出てこないが?と思っていたし、死に様が予見出来ないハリエットのくだりでもフラグ感を感じてなくて萬里のリリーという言葉にびくっとする。子供生まれる?生まれたー!えっソフィえっ…クラウスがギリギリのところでソフィにもロダン一家に出会わないのも運命のいたずらを感じる…。クラナッハに僅かばかりだけど父親としての愛情を感じたのと永遠に枯れない花の呪いを掛けられた事に全ての始まりを感じる。幸せなアンダーソン一家を夢見てしまう…。萬里どうなるんや…と思ったらノーム→バンリでTRUMPでのあの馴れ馴れしさとか過剰に構ってくる感じに納得したしクランに派遣するものとしてバンリほど不適合な人物はいなかったんじゃという気持ちに。あまりにソフィに対する思い入れがなぁ…。Specterを見てから再度TRUMP見たくなる。Specterからはグランギニョルへの続投組がいないんだけどこっそり出たりしません?アンサンブルみたいな(studentという役割)にぱっちの子でも…と思ったんだけどとりあえずグランギニョルにはSpecterからの繭期続投組はなし…今のところ(イマイチ信用していない)

 

二輪咲き

まさか映像出ると思わずにがっつりネタバレを読んでしまっていた。見たかったな〜と思ったいたんだけどまさか。アップフロントさんまさか。スケジュールが取れなくて全然お稽古してないらしいのに見事な仕上げっぷりがポテンシャルの高いハロプロ。キャメリアと付き合ってないよって言うシルベチカに疑問を感じていて繭期の具合がよろしくない(記憶の混濁)のか付き合ってらつもりがないのかと思っていたらまさか…リコリスって誰なのさ!あんたシルベチカの何なのさ!繭期思い出話(正式なんだったか忘れた)がめちゃくちゃ可愛いなぜかシルベチカとキャメリアがいちゃついているそこリコリスじゃなくて大丈夫です?ライブパートの可愛いさに救われる思いです。ファルス…

 

ざっくりTRUMPシリーズ雑感。何か他に言いたい事は?という気持ち今のところこれで満足かな…